岡山、神戸でGIANTジャイアントの買取ならお任せ下さい。

岡山、神戸でGIANTジャイアントの買取ならお任せ下さい。

GIANTジャイアント買取岡山神戸の画像
ジャイアントの誕生は、意外なことに感じられるかもしれませんが、1969年に台湾を襲った台風がきっかけでした。大雨と堤防の決壊によって、ウナギの養殖業を営んでいた後のジャイアント会長、劉金標(キング・リュー)は壊滅的な被害に遭ったのです。彼は次のビジネスを模索し、そして自転車の生産に着目しました。 その頃、アメリカは空前の自転車ブームを迎え、その生産拠点として台湾に着目していました。キングは10人の出資者から資金を調達し、社員38人、工場の敷地1700坪の"巨大機械工業"を台中に、1972年10月に設立しました。ジャイアントの社名の由来は、当時、世界大会で優勝した台南にある少年野球チームにあやかったものでした。創業してキングは、それまで以上に自転車という存在に魅了されていきました。と同時に自社だけで品質を向上させられないことにも気がつきます。 「当時、台湾には自転車を作るための機械も、その基礎となる工業規格もなかったのです。たとえばタイヤやリムの寸法は大手メーカーが自主的に決めており、タイヤとリムが嵌らなかったり、空気を抜くとタイヤが外れてしまうこともありました。こうした状況を改善する。それが私が最初に行動すべきことだったのです」
こうしてパーツメーカーを東奔西走する日々が続く中、1973年、彼は商社に勤務していた羅祥安(トニー・ロー)と出会いました。モノ作りに対するスタンスで意気投合し、「技術と品質に徹底的こだわるというキングに共感したこと。そして、なによりもやりがいのある仕事」だと、トニーは入社を決断。会社の方向性を指揮するキング、経営を司るトニーという、現在も続く2トップ体勢が構築されました。
トニーの加入によって、ビジネスの成長は加速します。1979年には年間生産台数が35万台に達し、アジアでも屈指の規模を誇るようになりました。さらに1981年にはOEM生産だけでなく、"GIANT"ブランドを立ち上げます。5年後の1986年には初の海外拠点としてオランダに進出。翌年にはアメリカ、そして1989年にはジャイアントジャパン(株式会社ジャイアント)を設立し、世界中にネットワークを拡げています。
1990年代に入ると、ジャイアントの名前はトップアスリートの活躍によって、多くのライダーに知られるようになります。1995年にはMTB界の伝説的なライダー、ジョン・トマックと契約し大きな話題となりました。翌年にはルーン・ホイダルがMTBワールドカップで5勝し、1998年にはスペインの名門チーム"オンセ"と契約して、ツール・ド・フランスに出場。こうして名実共にトップブランドの仲間入りを果たしました。
今日では一般的なスローピングスタイルのフレームや、カーボン製フレームが普及したのはジャイアントが提唱してからです。また、ジャイアントジャパンが企画したMR-4やエスケープシリーズ、そして著名工業デザイナーを登用したコミューターバイクなど、新たな車種、新たな自転車の魅力の創出もジャイアントが目指すところの一つです。
ジャイアントは、こうしてブランドを成長させてきました。そしてこれからも理念である「RIDE LIFE」の実現、そしてサイクリング文化の発展に寄与していきますジャイアントのコストパフォーマンスの高さは、つとに知られています。その秘密の1つが9つの自社工場にあります。ライダーから高い評価を得るためには、ただ価格を抑えるだけでなく、価格帯に応じたベストの品質が求められます。
スポーツ車、とりわけ高級車はダイナミックパフォーマンスが命。競技によっては1000分の1秒を争うこともあり、選手は「1gでも軽く、1mmでもより前に進む」ことを要求します。ホビーサイクリストであれば、さらに車格相応、もしくは車格以上の高級感も必要となります。
個性的で美しいスタイル、安定感があって操作性に優れたハンドリング、取り扱いがしやすい軽さ、高い耐久性……考慮しなければならない点は多岐に渡ります。それらを満たすため、経験豊富な職人と、効率性を高めるシステムが必要です。
たとえば、ジャイアントの自社工場は生産プロセスを徹底して効率化するリーン生産方式を採用し、少量多品種生産に対応しています。原材料は必要に応じて発注・生産し、無駄なストックスペースを排除しました。また、ホイールの組み立てなど、オートメーション化できる工程は、最新の設備を投入し、フレームの製作から、完成車のアッセンブリーに至るまで、無駄のない工程が組まれています。
そして、工場で働いている従業員こそ、他のメーカーに対して誇れる、ジャイアント最大の資産です。すべてのセクションにはベテランの職人を配置し、習熟した技術、機械では不可能な緻密な作業を正確にこなします。
詳細はWikipediaより抜粋しています。

■自転車買取主要ブランド一覧


■ロードバイク
ANCHOR(アンカー)BASSO(バッソ)/BE・ALL(ビーオール)/BH(ビーエイチ)/BIANCHI(ビアンキ)/BMC(ビーエムシー)/BOMA(ボーマ)/CANNONDALE(キャノンデール)/CARRERA(カレラ)/CENTURION(センチュリオン)/CERVELO(サーベロ)/CINELLI(チネリ)/COLNAGO(コルナゴ)/CORRATEC(コラテック)/DE ROSA(デローザ)/EDDY MERCKX(エディ・メルクス)/FELT(フェルト)/FOCUS(フォーカス)/FONDRIEST(フォンドリエスト)/FUJI(フジ)/GIANT(ジャイアント)/GIOS(ジオス)/INTERMAX(インターマックス)/JAMIS(ジェイミス)/KONA(コナ)/KUOTA(クオータ)/LAPIERRE(ラピエール)/LOOK(ルック)/LOUIS GARNEAU(ルイガノ)/
MERIDA(メリダ)/MONGOOSE(マングース)/OREBEA(オルベア)/PANASONIC(パナソニック)/PINARELLO(ピナレロ)/RALEIGH(ラレー)/RIDLEY(リドレー)/RITEWAY(ライトウェイ)SCOTT(スコット)/SPECIALIZED(スペシャライズド)/TREK(トレック)/VOODOO(ブードゥー)/WILIER(ウィリエール)


■クロスバイク
ANCHOR(アンカー)/BASSO(バッソ)/BE・ALL(ビーオール)/BIANCHI(ビアンキ)/BOMA(ボーマ)/BRUNO(ブルーノ)/CANNONDALE(キャノンデール)/CENTURION(センチュリオン)/COLNAGO(コルナゴ)/CORRATEC(コラテック)/DAHON(ダホン)/FELT(フェルト)/FUJI(フジ)/GIANT(ジャイアント)/GIOS(ジオス)/GT(ジーティー)/JAMIS(ジェイミス)/KONA(コナ)/LAPIERRE(ラピエール)/LOUIS GARNEAU(ルイガノ)/
MERIDA(メリダ)/MONGOOSE(マングース)/OREBEA(オルベア)/PANASONIC(パナソニック)/PINARELLO(ピナレロ)/R&M(ライズアンドミューラー)/RALEIGH(ラレー)/RITEWAY(ライトウェイ)/SPECIALIZED(スペシャライズド)/TREK(トレック)/VOODOO(ブードゥー)/WILIER(ウィリエール)


■マウンテンバイク
ANCHOR(アンカー)/BIANCHI(ビアンキ)/BMC(ビーエムシー)/BOMA(ボーマ)/CANNONDALE(キャノンデール)/CARRERA(カレラ)/CENTURION(センチュリオン)/CORRATEC(コラテック)/FUJI(フジ)/GIANT(ジャイアント)/GIOS(ジオス)/GT(ジーティー)/JAMIS(ジェイミス)/KONA(コナ)/LAPIERRE(ラピエール)/LOOK(ルック)/LOUIS GARNEAU(ルイガノ)/MERIDA(メリダ)/MONGOOSE(マングース)/OREBEA(オルベア)/PANASONIC(パナソニック)/SCOTT(スコット)/SPECIALIZED(スペシャライズド)/TREK(トレック)/WILIER(ウィリエール)

コルナゴ自転車買取岡山神戸の画像
チネリ自転車買取岡山神戸の画像
キャノンデール自転車買取岡山神戸の画像
TREK自転車買取岡山神戸の画像
ピナレロ自転車買取岡山神戸の画像
GIANT買取岡山神戸の画像
LOOKの買取岡山神戸の画像
GIOS/ジオス自転車買取岡山神戸の画像
ビアンキ自転車買取岡山神戸の画像
Corratec/コラテック自転車買取岡山神戸の画像
ビアンキ自転車買取岡山神戸の画像
DEROSA/デローサ自転車買取岡山神戸の画像
FUJI/フジ自転車買取岡山神戸の画像
FELT/フェルト自転車買取岡山神戸の画像
FOCUS/フォーカス自転車買取岡山神戸の画像
LOUISGARNEAU/ルイガノ自転車買取岡山神戸の画像
ORBEA/オルベア自転車買取岡山神戸の画像
TOKYOBIKE/東京バイク自転車買取岡山神戸の画像