岡山、神戸でピストバイクの買取ならお任せ下さい。

岡山、神戸でピストバイクの買取ならお任せ下さい。

ピストバイク買取岡山神戸の画像
トラック、トラックレーサーとも呼ばれます。車輪が空転しない仕組みで、固定ギアと呼ばれ、ペダルの動きと車輪が直結しています。
通常私たちがよく乗る自転車(ママチャリ、MTB、ロードバイク、クロスバイク等)は走行中に脚を止めることができますが(フリーギア)、ピストバイクは
ペダルの動きと車輪が直結しているため、それができません。
踏んだ力がほぼそのまま車輪に伝わる、とてもダイレクトな踏み味があり、独特の感覚です。
構成部品が少なくシンプル、メンテナンスも楽で、故障しにくいので、1970年代後半からニューヨークなどでメッセンジャーが愛用しはじめました。
基本的にロードバイクよりもシンプルな構造をしている。また競技用自転車としてはトラックレーサーは(トラック競技がなかった時代からの)最も古い形態でもある。なお現在は部品を含めた車体の総重量が6.8kg以上でないとレースに使用できない規定がある。
フレーム[編集]
現在はカーボンコンポジットによるフレームが主流であり、過去にはアルミやクロムモリブデン鋼など鋼材を使用したフレームが中心であったが、世界選手権ではほぼカーボンフレームのみが使われている。
駆動系[編集]
トラックレーサーはギアがフリーホイールではなく固定(ハブに小歯車が固定されている)で、走っている間は常にペダルを回さねばならない。幼児用自転車/三輪車と同じである。
ブレーキ[編集]
競技専用であるためブレーキはない。必要な場合は専用のものを別に取り付ける(フォーククラウンとシートステーブリッジに穴が空けられていないのでロードバイク用の物は着けられない)。止まるときはペダルを逆に踏んで止まる(“バックを踏む”と言う)。ビーチクルーザーなどのコースターブレーキとは違い、タイヤと直結したクランクの回転を抑える事で減速及び停止する。
日本国内において、保安部品(特に前後ブレーキ)を備えない状態では道路交通法の定めにより公道を走ることはできない。公道用としてピストフレームの後方のシート部(シートステイ)に板を挟んで取り付けるタイプのブレーキが売られている。しかし公道を走るためには道路交通法、内閣府令により“前車輪及び後車輪を制動する”とされている為、法律を遵守して公道練習を行うためには大改造が必要となる[1]。
ブレーキが無い理由は軽量化や構造の簡素化による車体故障の防止だけではなく、最接近して争うトラック競技において走行中のブレーキは即接触となり重大な落車事故に繋がりかねないためである[2]。
車輪[編集]
トラックレースは屋外の競技場で行う場合もあるが屋内の板張りトラックで行うため、非常に細い高圧タイヤを使う場合が多い。車輪もトップレベルでは前輪に流線型の翼断面を持つカーボンアームホイール、後輪にはディスクホイール[3]を使うことが多い。
国際競技などで使われるものの車軸径は前9mm、後10mmであるが競輪では双方とも8mm軸を使う。オーバーロックナット寸法(車輪を車体に止める幅)は前100mm、後110mm、または120mm(ダブルコグ)である(通常のロードバイクは前100mm、後130mm、マウンテンバイクは前100mm、後135mmである)。
ダブルコグ(両切り)とは後ろ車輪の両側に違う大きさの歯車(スプロケット、コグ)を取り付け、車輪を裏返すことでギア比を変えるものである。練習用に、ダブルコグの片方にフリー機構の付いた歯車をつけることがある。古くは片側に2枚をつけられ、必要に応じてチェーン架け替えが出来る物もあった。
ハンドル[編集]
ハンドルはいわゆるドロップハンドルの一種であるがロードバイクのように“長時間乗るため、いろいろな場所を握り、乗る体勢を変えて疲労を防ぐ”という目的ではなく、“ハンドルの下端を握り、最大限の力をペダル、クランクへかける”という目的で使われる(優勝するためにゴールスプリントで行なう全力疾走を特に“もがく”と呼ぶ)。ロードバイクがバーテープというテープ状の滑り止めを巻くのに対し、トラックレーサーは筒状のスリーブをハンドルにかぶせる場合が多い。
ロードバイク用ハンドルバーに水平部分があり「マースバー」と呼ばれるのに対し、トラックレーサー用は水平部がない曲線のみで構成され「ピストバー」と呼ばれる。材質も、弱い材料だと使っているうちに金属疲労で折れたりちぎれたりしないとも限らないので、ロードバイク用は軽量化のためアルミ材が普通であるのに対し、トラックレーサー用は鉄系材料を使用し剛性優先となっている。DH(ダウンヒル)バーのようなタイムトライアル専用のハンドルを使用することもある。
ステム(ハンドルを車体フォーク部に取り付ける部品)に「天返し」というタイプを使い簡単にハンドル上下をひっくり返せるようにしたものもある。
その他[編集]
1980年代には前輪を後輪より小さくして極端な前屈姿勢になる事で空気抵抗の低減を狙ったもの(ファニーバイクと呼ばれ前24-26インチ、後ろ26インチ-700cなどを使った)が存在したがUCIの競技規定により、現在は使われなくなった。1990年代にはトライアスロン用のDHバー(ダウンヒルの略)と呼ばれるハンドルをトラックレーサーに装備して、またヘルメットの形状を前傾した背中と一線にしたデザインに仕上げ(エアロヘルメット)空気抵抗を減らす試みが登場した。初めて用いたのはシステムUチームのローラン・フィニョンである。
競輪向けトラックレーサーには通常のトラックレーサーとは異なる部品も使われており、全ての部品に競技の公正さを担保するため『NJS規格』に適合したものを使用する義務がある。なお、ペダルに関しては全てクリップアンドストラップモデルのみで、ビンディングペダル及び対応シューズに規格基準を通過した製品は存在しない。詳細は競輪#競輪用自転車を参照。
詳細はWikipediaより抜粋しています。

■自転車買取主要ブランド一覧


■ロードバイク
ANCHOR(アンカー)BASSO(バッソ)/BE・ALL(ビーオール)/BH(ビーエイチ)/BIANCHI(ビアンキ)/BMC(ビーエムシー)/BOMA(ボーマ)/CANNONDALE(キャノンデール)/CARRERA(カレラ)/CENTURION(センチュリオン)/CERVELO(サーベロ)/CINELLI(チネリ)/COLNAGO(コルナゴ)/CORRATEC(コラテック)/DE ROSA(デローザ)/EDDY MERCKX(エディ・メルクス)/FELT(フェルト)/FOCUS(フォーカス)/FONDRIEST(フォンドリエスト)/FUJI(フジ)/GIANT(ジャイアント)/GIOS(ジオス)/INTERMAX(インターマックス)/JAMIS(ジェイミス)/KONA(コナ)/KUOTA(クオータ)/LAPIERRE(ラピエール)/LOOK(ルック)/LOUIS GARNEAU(ルイガノ)/
MERIDA(メリダ)/MONGOOSE(マングース)/OREBEA(オルベア)/PANASONIC(パナソニック)/PINARELLO(ピナレロ)/RALEIGH(ラレー)/RIDLEY(リドレー)/RITEWAY(ライトウェイ)SCOTT(スコット)/SPECIALIZED(スペシャライズド)/TREK(トレック)/VOODOO(ブードゥー)/WILIER(ウィリエール)


■クロスバイク
ANCHOR(アンカー)/BASSO(バッソ)/BE・ALL(ビーオール)/BIANCHI(ビアンキ)/BOMA(ボーマ)/BRUNO(ブルーノ)/CANNONDALE(キャノンデール)/CENTURION(センチュリオン)/COLNAGO(コルナゴ)/CORRATEC(コラテック)/DAHON(ダホン)/FELT(フェルト)/FUJI(フジ)/GIANT(ジャイアント)/GIOS(ジオス)/GT(ジーティー)/JAMIS(ジェイミス)/KONA(コナ)/LAPIERRE(ラピエール)/LOUIS GARNEAU(ルイガノ)/
MERIDA(メリダ)/MONGOOSE(マングース)/OREBEA(オルベア)/PANASONIC(パナソニック)/PINARELLO(ピナレロ)/R&M(ライズアンドミューラー)/RALEIGH(ラレー)/RITEWAY(ライトウェイ)/SPECIALIZED(スペシャライズド)/TREK(トレック)/VOODOO(ブードゥー)/WILIER(ウィリエール)


■マウンテンバイク
ANCHOR(アンカー)/BIANCHI(ビアンキ)/BMC(ビーエムシー)/BOMA(ボーマ)/CANNONDALE(キャノンデール)/CARRERA(カレラ)/CENTURION(センチュリオン)/CORRATEC(コラテック)/FUJI(フジ)/GIANT(ジャイアント)/GIOS(ジオス)/GT(ジーティー)/JAMIS(ジェイミス)/KONA(コナ)/LAPIERRE(ラピエール)/LOOK(ルック)/LOUIS GARNEAU(ルイガノ)/MERIDA(メリダ)/MONGOOSE(マングース)/OREBEA(オルベア)/PANASONIC(パナソニック)/SCOTT(スコット)/SPECIALIZED(スペシャライズド)/TREK(トレック)/WILIER(ウィリエール)

コルナゴ自転車買取岡山神戸の画像
チネリ自転車買取岡山神戸の画像
キャノンデール自転車買取岡山神戸の画像
TREK自転車買取岡山神戸の画像
ピナレロ自転車買取岡山神戸の画像
GIANT買取岡山神戸の画像
LOOKの買取岡山神戸の画像
GIOS/ジオス自転車買取岡山神戸の画像
ビアンキ自転車買取岡山神戸の画像
Corratec/コラテック自転車買取岡山神戸の画像
ビアンキ自転車買取岡山神戸の画像
DEROSA/デローサ自転車買取岡山神戸の画像
FUJI/フジ自転車買取岡山神戸の画像
FELT/フェルト自転車買取岡山神戸の画像
FOCUS/フォーカス自転車買取岡山神戸の画像
LOUISGARNEAU/ルイガノ自転車買取岡山神戸の画像
ORBEA/オルベア自転車買取岡山神戸の画像
TOKYOBIKE/東京バイク自転車買取岡山神戸の画像