岡山倉敷神戸でRoland,ローランドの買取ならお任せ下さい。楽器の高価買取対応します。また出張買取や出張見積も対応しますのでRoland,ローランドを売りたいと思ったらお気軽にご相談下さい。

岡山のリサイクルショップロゴ

岡山、倉敷、神戸でRoland,ローランドの買取ならお任せ下さい。出張買取も対応致します。

ローランド株式会社(英: Roland Corporation)は、日本の大手電子楽器メーカー。 自らが創業したエース電子工業を退社した梯郁太郎が、1972年(昭和47年)に大阪市で創業。 長らく、本社・広報機能を大阪に、製造・研究開発拠点を静岡県浜松市に置いていたが、2005年(平成17年)に、本社を浜松に移転した。
概要[編集]
初期には、電気楽器(エレキギター、エレキベース)の演奏時に音色を加工する機器「エフェクター」や演奏用スピーカーアンプ(ジャズ・コーラス JCシリーズ JC-120など)、音響ミキサーの製造を行っている。1973年(昭和48年)からはシンセサイザーや電子ピアノなどの製造も手がけるようになった。1970年代後半には、富士弦楽器(現・フジゲン)との合弁で「富士ローランド」を設立し、ギターシンセサイザーの製造を開始した。
また、シーケンサー・マイクロコンポーザーMC-8(1977年発売)を発表して以来、コンピュータと電子楽器の連携に注力している企業であり、ヤマハ、シーケンシャル・サーキット等と共にMIDI規格を提唱した。同規格が制定された後、MT-32等DTMの製品を開発、鍵盤を持たないシンセサイザーである音源モジュールなどの機器を使用し、生演奏ではなくコンピュータにデータを入力することで楽器を演奏する手法が広まった。1990年代にはDTM向けに特化した音源モジュールとしてGS音源SCシリーズを発売した。
時代がデジタル主流になると、プロやハイアマチュア向けに拡張ボードで波形を供給できる音源モジュールJVシリーズ、XVシリーズを発表した。その後2,000年代に入ってからは、ライブ向けの軽量シンセサイザー、シーケンサー搭載のワークステーション型シンセサイザーなどの製品を展開している。
レコーディング機器としては、ハードディスクに演奏を記憶して楽曲作成ができるVS-880を発表した。その後関係会社のボスも、ギタリスト向け仕様のハードディスク/メモリーレコーダーを発売している。また90年代後半頃から10年間ほどは、クラブ/ダンスミュージック向けのハードウエア製品(MC-303/505系やSPシリーズのサンプラーなど)にも注力していた。2014年には同分野に再参入する形で、新製品 (AIRA シリーズ)を発表している。
この他楽器系では、電子ドラム(V-Drumsシリーズ)や家庭用電子ピアノなどの分野でも主なメーカーのひとつとして事業展開している。また楽器関連分野のほか、業務音響機器(デジタルミキサー他)の開発・製造、音楽教室の経営や音楽振興財団の運営なども行っている。
社名は、中世ヨーロッパの叙事詩であるローランの歌の主人公、ローランからとられている [2]。梯は、ローランド創業時に日本国外への展開を考え、どの国の言葉で発音してもよく聞こえるような2音節からなる響きのよい名前を探した。まず、梯は「R」から始まる社名にすることを決めた。これは、ローランド創業当時の電子楽器業界ではRから始まる社名があまり使われておらず、イニシャル1文字で社名を書いたときに都合がよいからであるという。そして、梯はこれらの条件にあてはまる単語として「ローランド」を選んだ[3]。
2014年(平成26年)5月14日に、アメリカの投資ファンド・タイヨウファンドと三木純一社長によるMBOを実施すると発表[4][1]。 この買収は同月15日から6月25日まで買収が行われることになったの期間で行うものとされていたが[4]、7月14日までに延長された[5]。
この買収に対し、創業者の梯郁太郎が「悪辣な乗っ取りだ」として反発[6]。
2014年(平成26年)5月1日に開催されたローランド芸術文化振興財団(現・かけはし芸術文化振興財団)の臨時理事会の招集手続を問題視して理事会をやり直しとなり[6]、同年6月20日の評議員会では売却賛成が3分の2以上に満たないことで否決となった[6][7]。
そして、2014年(平成26年)6月27日の株主総会では、会社側が「ローランド芸術文化振興財団(現・かけはし芸術文化振興財団)」としての総会出席者は専務理事であるとして、同財団理事長で当社創業者の梯郁太郎を個人株主扱いとした[6]。 このため、株主総会でも梯郁太郎と三木社長がMBOの是非を巡り激しく応酬する形となった[6]。 また、この株主総会は先述の通り買い付け期間が7月14日までに延長されたことから、買い付け期間中の株主総会という異例のものとなった[5]。
そうした混乱はあったものの、2014年(平成26年)7月14日までに発行株式の約82.92%の応募があったため成立した[6][8]。 ローランド芸術文化振興財団保有分を含む残余株式はローランドが買い取る形となり、上場廃止となった[9]。
ブランド[編集]
ローランドは、製品分野別にブランドを設ける「マルチブランド」展開をしている。
現行ブランド[編集]
Roland
メインとなるブランド。楽器全般(電子ピアノ/オルガン、シンセサイザー、電子打楽器、楽器用アンプなど)に広く使用。2010年(平成22年)9月以降は、レコーダー、業務音響機器、コンピュータミュージック関連ハードウエアも使われている。
BOSS
各種エフェクター、ギター・ベース周辺機器、チューナーなどのブランド。
RODGERS (ロジャース)
大型デジタルクラシックオルガンのブランド。
販売終了ブランド[編集]
EDIROL by Roland
レコーダーなどに使われた旧ブランド。時期によりコンピュータミュージック関連ハードウェアにも使用された。2010年(平成22年)9月、Rolandブランドに統合された。「EDIROL」は edit + Roland の合成語。
RSS by Roland
ライブミキサーなど業務音響機器の旧ブランド。2010年(平成22年)9月、Rolandブランドに統合された。RSSはRoland System Solutions の頭文字。同社の3次元音響処理技術「Roland Sound Space」もRSSと表記されるため混同されやすいが別語。
Cakewalk by Roland
コンピュータミュージック関連ソフトウエア商品のブランド。一時期は関連ハードウエア製品にも使用された。「by Roland」は、開発元の米Cakewalk社が、ローランドによる株式取得によりグループ会社となって以降付記されたもの。
2013年9月24日、ローランドはCakewalkをギブソンに売却することを発表。以降Cakewalk製品はギブソン傘下のティアック、TASCAMブランドで販売されている。

アナログシンセサイザー[編集]
モジュラーシンセサイザー
System100
System100M
System700
Promars
SHシリーズ
SH-09
SH-1
SH-2
SH-2000
SH-3A
SH-7
SH-1000
SH-101
Jupiterシリーズ
Jupiter-4
Jupiter-6
Jupiter-8
Junoシリーズ
Juno-6
Juno-60
Juno-106
Juno-106S
αJuno-1
αJuno-2
JXシリーズ
JX-3P
JX-8P
JX-10
ギターシンセサイザー音源ユニット
GR-300
GR-500
GR-700
シーケンサー内蔵型シンセサイザー
MC-202
TB-303
デジタルシンセサイザー[編集]
Dシリーズ
D-5
D-10
D-20
D-50
D-70
D-110
Uシリーズ
U-20
U-110
U-220
JDシリーズ
JD-800
JD-990
JPシリーズ
JP-8000
JP-8080
JVシリーズ
JV-30
JV-35
JV-50
JV-80
JV-90
JV-880
JV-1000
JV-1010
JV-1080
JV-2080
XPシリーズ
XP-80
XP-60
XP-50
XP-30
XP-10
XVシリーズ
XV-88
XV-5050
XV-5080/3080
XV-2020
ローランド・Fantomシリーズ
Fantom
Fantom-S
Fantom-X/ XR
Fantom-G
JUNOシリーズ
JUNO-D
JUNO-Di
JUNO-G
JUNO-Gi
JUNO-STAGE
FAシリーズ
FA-06
FA-08
JUPITERシリーズ
JUPITER-80
JUPITER-50
INTEGRA-7
SH-201
V-Synth/V-Synth XT
V-Synth GT
GAIA SH-01
VariOS
Groovebox
MC-303
MC-307
MC-505
MC-909
MC-808
他多数
リズムマシン[編集]
TRシリーズ
TR-505
TR-606
TR-707
TR-727
TR-808
TR-909
Rシリーズ
R-5
R-8
R-8M
ピアノ、オルガンなどの鍵盤楽器[編集]
ローランドピアノ・デジタル(電子ピアノ)
電子オルガン
ミュージック・アトリエ
家庭用電子オルガン
AT-75, AT-100, AT-300, AT-500, AT-800, AT-900C, AT-900
アトリエ・コンボ
AT-350C
コンボ・オルガン
VK-7, VK-77, VK-8, VK-88, VK-8M(モジュールタイプ)
Vコンボ (V-Combo)
VR-760, VR-700, VR-09
ローランド・クラシック・シリーズ
C-200, C-230, C-330, C-380, C-30 (C-30のみ電子チェンバロ)
ロジャースオルガン(英語:ロジァース・インストゥルメンツ):[1]
デジタルクラシックオルガン。教会、ホテルなどの施設に導入されている大型オルガンが中心。
打楽器、アコーディオン[編集]
Vドラム(電子ドラム)
Vアコーディオン(電子アコーディオン)
シーケンサー[編集]
アナログ出力デジタルミュージックシーケンサー
CSQ-100
CSQ-600
MC-8 マイクロコンポーザー
同社初。1977年発売。8ch仕様で合計5400音記憶可能。定価1,200,000円。CPUはIntel 8080。
MC-4
FSKインターフェイスが追加されMTRとの同期レコーディングが可能となった。
記憶媒体はカセットテープインターフェースを使用した。
デジタルキーボードレコーダーMSQシリーズ(MIDI系)
MSQ-100
MSQ-700
マイクロ・コンポーザーシリーズ(MIDI系)
MC-500
1986年発売 MIDIシーケンサーである。入力2系統出力2系統。表示画面は20桁×2行のバックライト付きLCD液晶。シーケンスソフトはMRC、2DDフロッピーディスクから起動して使用する。リズムトラック+16ch×4トラック 四分音符あたりの分解能は96。CPUはZ80。後にMC-500からMC-500mkIIに基板交換する有料バージョンアップサービスが存在した。
MC-300
1988年発売。定価98,000円。MC-500のローコスト版。入力1系統、出力2系統。
MC-500mkII
1988年発売。定価180,000円。シーケンスソフトは大幅に改良されたSuper-MRC。リズムトラック+16ch×8トラック。CPUをZ80からHD64180Zに変更しメモリーを倍に増やしたモデル。
MC-50
1990年発売。定価78,000円。MC-500mkIIのローコストモデル。このモデルからシーケンスソフトがROM化されている。内蔵しているROMはSuper-MRCとSuper-MRP。Super-MRCをROMで内蔵したため大幅に使い勝手はよくなったが、メモリーはMC-500mkIIより少ないためMC-500mkIIと同様に複数の曲をロードする場合問題がでるケースがある。
MC-50mkII
1992年発売。MC-50にSMFの対応などしたマイナーチェンジ版。
MC-80
1999年発売 定価99,800円 シーケンスソフトはSuper-MRCからシンセサイザーXP-60/XP-80にも搭載されているMRC-Proとなった。20桁X2行のLCD液晶から320×80フル・ドット画面に替わり機能が強化されたがリズムトラックの概念が廃止された。四分音符あたりの分解能は480。従来の2DDから2HDのサポート、HDDやZIPドライブの拡張や音源モジュールの内蔵が可能。
MC-80EX
1999年発売。定価138,000円。EXはMC-80にSC-88PRO音源モジュールであるVE-GSProを内蔵したもの。

※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。

■Guiter

■Bass

■Acoustic Guitar


■Amp


■Piano


■ElectricPiano


■Brassinstruments


■Woodwindinstrument


■Dj


■Effecter


■Percussion


■MTR


■Cymbal

ギブソン買取岡山


■Gibson

ギブソン買取岡山


■Fender

ギブソン買取岡山


■ESP

ギブソン買取岡山


■MARSHALL

ギブソン買取岡山


■Roland

ギブソン買取岡山


■YAMAHA

ギブソン買取岡山


■Pearl

ギブソン買取岡山


■MUSICMAN

A

B