岡山倉敷神戸でYAMAHA,ヤマハ楽器の買取ならお任せ下さい。楽器の高価買取対応します。また出張買取や出張見積も対応しますのでYAMAHA,ヤマハ楽器を売りたいと思ったらお気軽にご相談下さい。

岡山のリサイクルショップロゴ

岡山、倉敷、神戸でYAMAHA,ヤマハ楽器の買取ならお任せ下さい。出張買取も対応致します。

ヤマハ株式会社(英: Yamaha Corporation)は、楽器・半導体・スポーツ用品・自動車部品製造発売を手がける日本のメーカーであり、楽器業界の盟主である。ピアノ生産量は世界最大である。本業の楽器以外にも多面的な事業展開をしている。日経平均株価の構成銘柄の一つである。コーポレート・スローガンは「感動を・ともに・創る」。
ハイテク企業への成長[編集]
エレクトーンの核となるトランジスタ(当初は日本電気(現:ルネサスエレクトロニクス)との共同開発)で得たノウハウから電子技術が発展し、1971年(昭和46年)に初のIC生産を開始、1970年代から1980年代前半にかけて、音楽ミキサーやエレクトーン、電子ピアノ等の電子楽器の開発を進めた。1981年(昭和56年)にローランドなどの他5社と共同でMIDI規格をまとめる。この規格を取り入れた1983年(昭和58年)5月に発売されたデジタルシンセサイザーDX7はアイドル自身が演奏する「バンドブーム」[11]と重なりヒット商品となった。

MSXパソコン YIS503II
1983年(昭和58年)10月にはMSX規格のパソコンを発売。1985年(昭和60年)のMSX2規格、1988年(昭和63年)のMSX2+規格、1990年(平成2年)のMSXturboR規格ではヤマハの開発したVDPやFM音源が採用されるなど、パーソナルコンピュータの分野で「音源チップのヤマハ」という地位を獲得した。
電子部品の分野においても1984年(昭和59年)にはハードディスクに用いる薄膜磁気ヘッドの開発を開始。ハードディスクの普及にともない急成長していった。
混迷・低迷から再構築へ[編集]
強い権力を誇った源一は1983年(昭和58年)に長男の川上浩を第7代社長に指名し自らは会長となったが、取締役会の招集権限は会長にあるなど院政の傾向があったと言われる。源一は、後に社長となる上島清介を社長としようとしたが上島は固辞。源一は「浩が武田勝頼になりはしないか。身内として非常に心配だ」と浩の社長就任の際に語ったという[12]。
浩は社長就任後に組織を21の事業部制に変更。創業90周年を迎えた1987年(昭和62年)には社名を日本楽器製造株式会社(ニチガク)から、山葉寅楠のオルガン修理から100周年を記念し、商標で知名度のあったヤマハ株式会社へ変更した。
しかし、伝統的な楽器事業においてはピアノは1980年(昭和55年)、エレクトーンは1981年(昭和56年)に出荷台数がピークを迎えて以降、減少傾向が続いていた。新たな事業の柱を育てようとAV機器事業で従来の高級機から普及機への進出を図るなどしたが結果は残せなかった。半導体・電子部品事業も競争は激しく、楽器事業の余剰人員を吸収することはできなかった。時代としては1980年代後半のバブル期であり収益機会は多分にあるにもかかわらず社内的要因によって経営が立ち後れているという認識が社内に蔓延する一方で、キロロリゾートの開発に着手した。
1991年(平成3年)に実施された希望退職制度『転進ライフプラン援助制度』には従業員の6%にあたる724名が応募し、会社側が予想する以上の人材流出を招いた。しかし、これに対し、浩は『停滞感のある職場から、どこか活気ある職場に移りたいという従業員にはそういう機会を与えた』[13]とコメントし、1991年(平成3年)10月には中堅社員の96%が経営に危機感をもち、半数がモラル低下を感じるようになっていたという[14]。
ついに1992年(平成4年)2月には労働組合が浩に対し「出処進退申入書」を提出する事態となり、浩は社長退任を表明。上島清介が第8代社長となった。この川上家の経営からの退場劇は、ヤマハ音楽振興会などを巻き込み1年後まで混乱が続くこととなる。
上島は社内組織を再構築するとともに、半導体・電子部品事業によって経営を立て直しを図るが、バブル崩壊による景気の後退からリゾート事業の不振、また音源チップが主力であった半導体も需要が急変するなど難しい舵取りとなった。
半導体はその後ゲーム機や通信カラオケ機器に搭載[15]されるなどし、電子部品は1995年(平成7年)にはハードディスク用薄膜ヘッドの世界シェアは25%[16]となるなど成果を得ていたが、不安定な需要変動から安定した利益を得ることは難しかった。1997年(平成9年)6月には第9代社長に半導体・電子部品事業出身の石村和清が就任。長野オリンピック開催間際にスキー板・用品およびテニスラケットの製造とスキー実業団「ヤマハスキーチーム」を担っていたスポーツ事業部を廃止し、電子部品分野の事業強化を図ったが、1998年(平成10年)に増設した半導体工場をわずか1年後の1999年(平成11年)にはロームに売却。同年3月期は上場以来初の営業赤字に転落した。この不振からの脱出のため、2000年(平成12年)には稼ぎ頭だった磁気ヘッド製造事業も売却することとなった。
レクリエーション事業は1993年(平成5年)に全面開業したキロロリゾートの会員制ゴルフ場・会員制リゾートホテルの会員権販売が不振に陥り、1995年(平成7年)にヤマハ北海道リゾート開発を解散し149億円の負債を整理するとともに支援を継続。2002年(平成14年)3月31日にはレクリエーション施設を管掌していたヤマハリゾート(旧社)を吸収合併し、不動産評価損で生じた129億円の債務超過をヤマハ本体が処理した。
資本関係では2000年(平成12年)3月にヤマハ発動機の株式5%をトヨタ自動車に売却、さらにヤマハ発動機の間接的買収防衛策として、2007年5月にヤマハ発動機株式の7.8%を三井物産などに売却するとともに、ヤマハ発動機も2008年(平成20年)3月下旬までに市場を通じてヤマハ株式5%を取得し、両者で持ち合い関係を確立させることになっている。
これらの事業の再構築が功を奏し、2002年(平成14年)以降は業績が回復。特に2004年(平成16年)以降では携帯電話の着メロ用の半導体の需要が堅調である。日本国内では着うたにシフトしつつあるが、中国等の成長市場においてはヤマハ製の音源チップ内蔵の携帯電話の需要が見込まれている。
2000年(平成12年)4月に就任した第10代社長の伊藤修二は、 今後の経営方針のキーワードを『音楽のヤマハ』・『大人市場』・『中国』としている。楽器レンタル、楽譜のオンライン販売、大人向け音楽教室の展開などにより大人の音楽市場をさらに開拓するとしている。また中国をはじめとするアジアの成長市場においてもピアノ市場は年間販売台数が15万台から20万台と見込まれており、2004年(平成16年)10月から杭州での現地生産を開始している。2005年(平成17年)10月には上海で音楽教室を開始している。2005年(平成17年)にはドイツの音楽ソフトウェア会社であるスタインバーグを買収、2008年(平成20年)にはオーストリアの老舗ピアノメーカー、ベーゼンドルファーを傘下に収めている。
2009年(平成21年)3月期決算においては、世界金融危機を起因とした消費萎縮により大幅減益となり、連結での最終損失が206億円に膨らみ上がった。このため、国内の楽器製造工場を集約化(日本管楽器の流れをくむ埼玉工場を閉鎖し、豊岡工場へ移転させる等)させ、マグネシウム部品事業と住宅設備部門を売却により事業撤退するリストラを決定。住宅設備部門子会社のヤマハリビングテックは2010年(平成22年)3月中に株式持分85.1%が日本産業パートナーズと外資系投資ファンド3社に譲渡し、2013年(平成23年)10月1日にはMBOによりヤマハグループから離脱し、トクラスに変更した。
2014年(平成26年)4月1日、会社分割により国内における楽器・音響機器の生産事業を子会社3社に承継した[17]。
主要な製品[編集]
ピアノ[編集]

ヤマハ グランドピアノ
ピアノ - グランドピアノ、アップライトピアノ、エレクトリックピアノ(電気ピアノ)、サイレントピアノ(電子ピアノ)
1960年代以前は国内での同社製のピアノの認知度・シェアはトップであったが、海外では全く認知されていなかった。それは戦前のベヒシュタインから技術導入したピアノ製造方法を踏襲し、海外で主流となったスタインウェイとは音質や音量が異なっていたことによる。
1960年代中期より、グランドピアノの研究対象をベヒシュタインからスタインウェイ・アンド・サンズに変更し、大ホールでの使用に適する豊かな音量と煌びやかな高音を持つことを目的としたフルコンサートピアノFCシリーズを開発したが、それでも十分な評価を得ることができなかった。
このため、スタインウェイピアノをさらに徹底的に研究すると共に、イタリアより技術者タローネを招聘し、材質・加工製造方法・精度・強度・剛性等を改良し、フルコンサートピアノCFシリーズを開発した。また普及型グランドピアノにおいても、放射状支柱、及びコレクターを後框及び金属フレームに結合させ、アリコートを取り入れ、アクションをエルツ式としたCシリーズを投入した。
さらに、ピアノの調律・整調・整音技術の研修のために村上輝久、松山乾次らをアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリやスヴャトスラフ・リヒテルのピアノ調律師として派遣し、コンサート前調律のノウハウや演奏家の要求を学び、コンサートチューナーとして信頼を得ると共に、その技術を国内にもフィードバックした。
数年後、多くの一流のピアニストにCFシリーズを紹介する機会が訪れ、その後欧米においてもCFシリーズが次第に使われるようになった。晩年のグレン・グールドがCFシリーズを愛用するなど、その優秀性が認知され、現在では国際的なピアノコンクールにおいても、ヤマハはスタインウェイに次いで多く使用されるピアノとなっている。2010年には、新型フルコンサートピアノCFXを使用したユリアンナ・アヴデーエワが、第16回ショパン国際コンクールで優勝した。
アップライトピアノについても、1970年代から研究対象をベヒシュタインからスタインウェイ、及びスタインウェイと同じ起源をもつドイツのグロトリアンとし、UXシリーズなどの高品質なピアノを生産した。
しかし、国内のピアノ需要は少子化、生活スタイルの変化、住宅問題や騒音問題などにより1980年代初頭の年産20万台をピークに減少を続け、現在では輸出が有力となっている。海外では、精度や耐久性が優れたヤマハピアノの評価は高く、国内よりも高価格で流通している。また、国内で1970年代から1980年代に生産された多くの中古ヤマハピアノが輸出されている。
技術面では、アコースティックに電子技術を結合し、高度な自動演奏や通信を持つディスクラビアシリーズやDGPシリーズを出荷している。また消音可能なサイレント仕様を多くのモデルに用意している。
電子ピアノの分野でも、アコースティックピアノのアクションを電子ピアノに搭載したアバングランドシリーズやDGPシリーズを出荷している。そのデザイン力も高く評価されており、P-140シリーズは2005年のグッドデザイン賞を受賞している。
オルガン
チェレスタ
各種打楽器[編集]

ドラムセット
ティンパニ
マリンバ
シロフォン(木琴の一種)
グロッケンシュピール(鉄琴の一種)
チューブラーベル(チャイム、コンサートチャイム)
ヴィブラフォン
バスドラム
スネアドラム
マーチングパーカッション各種
ほか、関連商品(マレット、スタンドなど)
ドラムセット関連楽器
電子楽器[編集]
電子オルガン
エレクトーン
D-DECK
YCシリーズ
電子ピアノ
Pシリーズ
CPシリーズ
クラビノーバ
キーボード
ポータトーン
ポータサウンド
Yamaha CS-80.jpg
CS-80 (ポリフォニックシンセ)
YAMAHA DX7.jpg
DX7 (FMシンセ)
MO6 (ワークステーション)
シンセサイザー
DXシリーズ
Vシリーズ
EOSシリーズ
SYシリーズ
VL/VPシリーズ
Wシリーズ
CSシリーズ
ANシリーズ
EXシリーズ
Sシリーズ
MOTIFシリーズ
電子ドラム
DTXPLORER
DTXPRESSシリーズ
DTXTREMEシリーズ
電子エンターテイメント楽器
光るギター(EZ-EG、EZ-AG)
歌う!トランペット(EZ-TP)
デジタルパーカッション(DD-65)
ウインドコントローラー(WX5) – 下記のウインドシンセサイザー、WXシリーズを参照
TENORI-ON

MU2000 (XG音源)
音源モジュール
TXシリーズ
TGシリーズ
MUシリーズ
FS1R
MOTIF-RACK / MOTIF-RACK ES / MOTIF-RACK XS
シーケンサー
QXシリーズ
QYシリーズ

RM1x (グルーヴマシン)
リズムマシン
RYシリーズ
RXシリーズ
RM/RSシリーズ

ショルキー
マスターキーボード
KXシリーズ
ウインドシンセサイザー
WXシリーズ
ギターシンセサイザー
Gシリーズ
サンプラー
Aシリーズ
SUシリーズ

TENORI-ON
音楽ソフトウェア
XGworks
VOCALOID
そのほか
Miburi
TENORI-ON
弦楽器[編集]
バイオリン・ギター・ベースなど(サイレント楽器を含む)。

サイレント・バイオリン
ヴァイオリン
ヴィオラ
ヴィオリラ
チェロ
コントラバス
クラシックギター
フォークギター
Aシリーズ
APXシリーズ
CPXシリーズ(COMPASSシリーズも含み)
FGシリーズ
Lシリーズ

SGシリーズ
エレクトリックギター
PACIFICAシリーズ
AESシリーズ
RGXシリーズ - かつてはジャクソンやアイバニーズ・RGに通じるストラト型コンポーネントスタイルのシリーズ(同様のシリーズでRGZシリーズも存在した)だったが、2000年頃よりその路線をPACIFICAに吸収させ、6半音(増4度)下げ前提の"Drop 6"やRGXA2といった先鋭的なモデルに特化している。
SGシリーズ - 高中正義、野呂一生らのシグネチャーモデルも存在した。
BJシリーズ - 寺内タケシとブルージーンズ独自モデル。
SXシリーズ
MGシリーズ - MG-M・MG-KEN - MG-Mは松本孝弘シグネチャーモデル(数種ある)、MG-KENはMG-Mベースに製作された北島健二シグネチャーモデル(北島にはKK-1という独自のシグネチャーモデルも存在した)。
エレクトリックベース
BBシリーズ
LB・MB - MOTION BASSシリーズ。MBはミディアム・スケールモデル。
TRBシリーズ
RBXシリーズ
SBVシリーズ
RBS model 200
エレクトリックギター及びエレクトリックベースはモデルライフが短い物が多く、定番となっているモデル以外は生産終了となるものが多い。近年は発売されている種類が大幅に整理されている。
管楽器[編集]

ピッコロ (YPC32)
木管楽器
フルート
オーボエ
ファゴット
クラリネット
サクソフォーン
金管楽器
トランペット
コルネット
フリューゲルホルン
アルトホルン
ホルン
トロンボーン
バリトン
ユーフォニアム
チューバ
マーチングブラス
サイレントブラス(金管楽器用無音・弱音システム)

リコーダー
その他管楽器
リコーダー
教育楽器[編集]
アコーディオン
ハーモニカ
鍵盤ハーモニカ 商品名:ピアニカ
教育用電子オルガン
防音室[編集]
防音室 アビテックス
各種アクセサリー[編集]
メトロノーム
チューニングメーター
譜面台

※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。

■Guiter

■Bass

■Acoustic Guitar


■Amp


■Piano


■ElectricPiano


■Brassinstruments


■Woodwindinstrument


■Dj


■Effecter


■Percussion


■MTR


■Cymbal

ギブソン買取岡山


■Gibson

ギブソン買取岡山


■Fender

ギブソン買取岡山


■ESP

ギブソン買取岡山


■MARSHALL

ギブソン買取岡山


■Roland

ギブソン買取岡山


■YAMAHA

ギブソン買取岡山


■Pearl

ギブソン買取岡山


■MUSICMAN

A

B