岡山倉敷神戸でヴァイオリン,バイオリンの買取ならお任せ下さい。楽器の高価買取対応します。また出張買取や出張見積も対応しますのでヴァイオリン,バイオリンを売りたいと思ったらお気軽にご相談下さい。

岡山のリサイクルショップロゴ

岡山、倉敷、神戸でヴァイオリン,バイオリンの買取ならお任せ下さい。出張買取も対応致します。

ヴァイオリン、またはバイオリン(英: violin[† 1])は、弦楽器の一種。弦を弓や指などで振動させることによって音を出す。しばしば「Vn」「Vl」と略記される。歴史的仮名遣では「ヷイオリン」と表記する[1][2]。数を表す場合は「挺」(ちょう)、「丁」(ちょう)、「本」のいずれかの助数詞を用いる。
構造[編集]

ヴァイオリンの外観 左端上:全体像。左端中:糸巻き部。左端下:糸巻き部を側面から写したところ。糸巻きの位置関係が分かる。中央左:正面の拡大図。黒い部分は指板。左下部に顎当てが写っている。中央右:背面の拡大図。虎柄模様の杢が出ている。下部にある突起がエンドピン。右:側面図。緒止め板から延びる弦が駒によって高く支えられている。

ヴァイオリン本体を軸方向に垂直な平面で切断したところ。中央上から反時計回りに、駒 (Steg,ponticello)、力木 (Bassbalken,catena)、表板 (Decke,tàvola)、象眼細工 (Einlage,filetto)、側板 (Zargen,fascia)、裏板 (Boden,fondo)、魂柱 (Stimmstock,anima)、内張り (Reifchen,controfascia)。括弧内はドイツ語、イタリア語表記
本体[編集]
全長は約60cm。一般にボディ長で楽器の大小を見る。現代では355mmが平均。オールドは352mm前後が多い。重量は楽器にもよるが、300 - 600g前後である。
材料[編集]
一部の電子ヴァイオリンにはプラスチックも用いられているが、本節では伝統的なヴァイオリンの材料について述べる。
ヴァイオリンに使用される木材は、部位によって異なった樹種が用いられている。表板はスプルース(ドイツトウヒ)、裏と側板・ヘッドなどにはメイプル(イタヤカエデ)が一般に用いられる。指板は通常黒檀が使われる。
湿気による反りなどの不正な歪みを防ぐため、木材は長期間天然乾燥されるが、現在では乾燥釜をつかった強制乾燥による5年から8年もののKD材(Kiln Dry Wood)を使用する場合も多い。
側板・裏板のカエデ材は、通常柾目面が表面に露出するような板取りである。「杢」が出ている材を使用することも多い。
構造[編集]
基本的な構造は右図の通りで、胴体部分はf字孔を開口部とするヘルムホルツ共鳴器を構成している。
表板の裏側ある、力木(バスバー)と呼ばれるスプルース(表板と同じ材)の部品は、表板を補強するとともに低音の響きを強め安定させる役割を果たす。
胴体内には、魂柱(たまばしら、こんちゅう、サウンドポスト)と呼ばれるスプルースの円柱が立てられている。魂柱はコマから表板に乗った振幅を裏板に伝え、両板の振幅を適切に引き出して音色・音量を決定する重要な役割を果たす。
駒・魂柱・ペグ・エンドピン以外の各部位は、膠によって接着される。膠で接着された木材は蒸気を当てることで剥離することができるため、ヴァイオリンは分解修理や部材の交換が可能である。
指板の先には弦の張力を調整する糸巻き(ペグ)がついている。先端の渦巻き(スクロール)は装飾で、一般には音に影響しない部位とされているが、音響のためあえて造形の対称性を損なうよう加工された楽器も多いという[3]。また、この部分に別の彫刻(人、天使、ライオン等の顔)が施される場合もある。
塗装[編集]
塗装には基本的にニスが用いられるが、一部の安価な楽器にはポリウレタンも用いられている。
ニスにはスピリット(アルコール)系とオイル系の二種類がある。塗装の目的は湿気対策および音響上の特性の改善である。
弦[編集]
Violin001.png
譜例: 開放弦
4本の弦はエンドピンによって本体に固定された緒止め板(テールピース)から駒の上を通り、指板の先にあるナットと呼ばれる部分に引っ掛けてその先の糸巻き(ペグ)に固定されている。正面から見て左が低音、右が高音の弦であり、日本ではドイツ音名を用い高い音の弦から順に、E線、A線、D線、G線(えーせん、あーせん、でーせん、げーせん/ドイツ語読み)と呼ぶことが多い。E線、A線、D線、G線の代わりに1番線(I)、2番線(II)、3番線(III)、4番線(IV)と番号で呼ぶ場合もある。この順番は世界共通。
材料[編集]
もともとヴァイオリンの弦はガット(羊の腸)を用いていた。しかし標準ピッチが上昇するにつれ、またバロック様式の楽器から近代になってネックの仕込み角がきつくなってくると、高い張力に耐える弦が求められるようになった。
現在ではガット弦は金属の巻線によって補強されているが、むしろ金属弦や合成繊維(ナイロン弦)が多く用いられる。それも、単純なナイロン(ポリアミド)芯にアルミ巻き線を施した弦から、合成樹脂繊維の最先端技術を取り入れた芯にアルミや銀を含む金属製の巻き線を施した弦が主流になりつつある。これらの最新式の弦は、音色的にはガット弦に近い一方でガット弦ほど温湿度に敏感でないという長所を持つ。
調弦方法[編集]
ペグを回すことで調弦を行うが、E線はペグによる音程の微調整が困難であるため、アジャスターと呼ばれるテールピースに取り付けられた小さなネジを回すことによって調弦する。分数ヴァイオリンや初心者向けのフルサイズのヴァイオリンには、調弦し易いように4本の弦のアジャスターがテールピースに取り付けられているものもある(弦に直接取り付けるタイプのものとは異なる)。
普通は音叉などでA線を440ないし442Hzに調弦し、A線とD線、D線とG線、A線とE線をそれぞれ同時に弾いて、完全五度の和音の特有の響きを聞いて調弦する。協奏曲演奏に際して、442Hzを越えるように調整して華やかな独奏ヴァイオリンを引き立たせる方法もある。
バロック・ヴァイオリンではピュア・ガット(金属の巻かれない裸のガット弦)を用い、多くの場合A線を415Hz(バロック・ピッチ)あるいは392Hz(ベルサイユ・ピッチ)に調弦する。
ヴァイオリンの起源については諸説あるが、はっきりしたことはいまだにわかっていない。そもそもヴァイオリン黎明期である16世紀当時において「ヴァイオリン」や「ヴィオール」という言葉が何を指すのかに関してもあいまいな点がある。
ヴァイオリンが世に登場してきたのは16世紀初頭と考えられている。現存する最古の楽器は16世紀後半のものだが、それ以前にも北イタリアをはじめヨーロッパ各地の絵画や文献でヴァイオリンが描写されている。レオナルド・ダ・ヴィンチの手による、ヴァイオリンに似た楽器の設計図が残存している。現存楽器の最初期の制作者としてはガスパーロ・ディ・ベルトロッティ(通称ガスパーロ・ダ・サロ)、アンドレア・アマティ、ガスパール・ティーフェンブルッカーが有名である。当時は舞踏の伴奏など、世俗音楽用の楽器として考えられていた。
17 - 18世紀にはニコロ・アマティ、ヤコプ・シュタイナー(英語版)、ストラディバリ一族、グァルネリ一族など著名な制作者が続出した。特に卓越していたのがアントニオ・ストラディヴァリとバルトロメオ・ジュゼッペ・グァルネリ・デル・ジェスであり、彼らを超える名器はいまだに生まれていない。
ヴィオール属とはいくつかの相違点が挙げられるが(詳細はヴィオール属の項目を参照)、力学的に改良が施されて音量・音の張りに大きく向上が見られた。音楽文化の中心が宮廷サロンから劇場・ホールに移るにつれ、弦楽器においてこれまでになく大きな響きを持つヴァイオリンはクラシック音楽を形作る中心となっていく。
弓の改良[編集]
弓が現在のような形になったのは本体よりもう少し遅く、18世紀末である。最初は半円形、つまり武器の弓に似た形状であったが、技術的要請から徐々に改良されていった。
逆反りになった現在の弓のスタイルを確立したのは、18世紀フランスのフランソワ・トゥルテ(英語版)(トルテ、タートとも)であると言われる。トゥルテや一時代下ったドミニク・ペカット(英語版)らの作品は、現在ではオールドフレンチボウとして扱われ、その世界的評価額は高額(百万円 - 数千万円)である。
乱獲によるペルナンブコの減少と高騰を受け、代替材料として様々な試みが行われてきたが、近年は人工繊維、とくに弾力性、剛性、湿気への強さなどに優れるカーボン製の弓が台頭著しい[5]。

※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。

カシオ(プリヴィア)
カワイ
コルグ
ヤマハ(クラビノーバ)
ローランド(ローランド・ピアノ・デジタル)
電子ピアノの代表例[編集]
RMIエレクトラピアノ(アナログ音源、1967年)
ローランド EP-10 (日本初の純電子発振式ピアノ、1973年)
ローランド EP-30 (世界初のタッチ・センス付き電子ピアノ、1974年)
ヤマハ GS1 (FM音源、1981年)
ヤマハ・クラビノーバ YP-30 (FM音源、1983年)
ヤマハ PF15 (FM音源、1983年)
ヤマハ CLP-50 (AWM音源、1986年)
ローランド RD-1000 (SA音源ステージピアノ、1986年)
カーツウェルK-250 (サンプリング音源)
コルグ SG-1D (サンプリング音源)
ヤマハ CLP-911 (AWMダイナミックステレオサンプリング、GH鍵盤、1996年)
ヤマハ CLP-170M (GH3鍵盤、2002年)
ヤマハDUPシリーズ、DGPシリーズ (生ピアノのアクション)

オーケストラの楽器


木管楽器
ピッコロ フルート(アルト バス) / オーボエ オーボエ・ダモーレ コーラングレ バリトンオーボエ / クラリネット(小 アルト バス) / ファゴット コントラファゴット / サクソフォーン


金管楽器
ホルン / トランペット(ピッコロ アルト バス) / トロンボーン(アルト バス) / チューバ / コルネット フリューゲルホルン ユーフォニアム / ワグナーチューバ


打楽器
ティンパニ / バスドラム スネアドラム トムトム / グロッケンシュピール ヴィブラフォン アンティークシンバル シロフォン マリンバ / シンバル タムタム トライアングル スレイベル タンバリン チューブラーベル カウベル


鍵盤楽器
ピアノ チェンバロ チェレスタ アコーディオン ハーモニウム オルガン


弦楽器
ヴァイオリン ヴィオラ チェロ コントラバス / ハープ

■Guiter

■Bass

■Acoustic Guitar


■Amp


■Piano


■ElectricPiano


■Brassinstruments


■Woodwindinstrument


■Dj


■Effecter


■Percussion


■MTR


■Cymbal

ギブソン買取岡山


■Gibson

ギブソン買取岡山


■Fender

ギブソン買取岡山


■ESP

ギブソン買取岡山


■MARSHALL

ギブソン買取岡山


■Roland

ギブソン買取岡山


■YAMAHA

ギブソン買取岡山


■Pearl

ギブソン買取岡山


■MUSICMAN

A

B