岡山倉敷神戸でDJ機材の買取ならお任せ下さい。楽器の高価買取対応します。また出張買取や出張見積も対応しますのでDJ機材を売りたいと思ったらお気軽にご相談下さい。

岡山のリサイクルショップロゴ

岡山、倉敷、神戸でDJ機材の買取ならお任せ下さい。出張買取も対応致します。

主にダンスホール、ディスコ、クラブ、野外ライブなどでレコードやCD、近年ではPC等の記憶媒体に保存された音楽データを使用し、場の雰囲気から楽曲を選曲し切れ目無くかける者である。一般にDJ(ディージェイ)と略称される。選曲担当の他にミックス、スクラッチ、イコライザーの操作などの機器操作を行うことが一般化している。ミックスは現在再生している曲と次に再生する曲をスムーズにつなぎ、音の切れ目をなくすことで聴衆のテンションを維持する。ミックスの技法はDJごとに個性があらわれる。
まれにすでに選曲した楽曲をMDやDATなどの記録媒体に入れて使用しDJを自称する者もいるがこれは単に選曲者であり、PCとミキシング・コンソールを使用したライブ演奏が基本である。
BeatportやDJCITY JAPANを始めとするデジタル音楽ダウンロードサイトの普及により、アナログ時代には考えられなかったプレイを省力的かつスピーディーに、更にはローコストで行う事が可能になった(PCDJ)。また移動時の荷物が減り特に海外での公演の際に大量のレコード所持によって販売を疑われ税関で止められたり没収されると言うトラブルを防ぐことにも一役買っている。
DJの行っていることは普段クラブなどには行かない人たちにはなかなか理解されづらい。選曲を楽しむだけであれば、極端に言えば既存のミックステープなどをかけていれば良いと思われることもある。しかしクラブなどに訪れるのは、音楽を積極的に聴きに来ている。職業的なDJは「場の空気」を高めつつも一定のレベル以上に保たなければならないと常に注意を払っている。
例えば大きなクラブなどになれば、スローで静かな曲を聴きにきた人とアップテンポな踊れる曲を求めている人が混じって存在している場合があり、DJはそうした対立的に存在するニーズを満足させなければならない。基本的には物言わぬ聴衆である観客に対して、バランス良くプレイしていくのか、またはあえて無視して独自のプレイをすることで踊るつもりのなかった人を踊らせるようにするのか、そうした判断を感覚的な察知と事前に決めた計画を通して、「場の空気」を意識しながらその場で緻密に組み立てていく。ある曲の一番目のサビの終わりに曲を替えるのか二番目の後なのかで観客の反応がガラッと変わってしまうこともある。言わばDJは音を通じた司会者でありその場をコントロールする存在である。
このように数多のケースバイケースな対応していく仕事が一般的なDJの基本的な役割である。[要出典]
日本でのクラブDJとディスコDJ[編集]
日本ではクラブDJとディスコDJを分ける人もいるがこの言葉自体が日本法たる風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に依存していることから厳密な境界はなく特定ジャンルに精通している者をクラブDJ、オールジャンルでキャッチーな選曲を行うDJをディスコDJと呼び分けたりする(ディスコや大箱クラブではプレイリストが店舗等から渡されることがある)。
日本国内においてはハイエナジーやユーロビートがディスコで大流行したことから、昨今の日本でのディスコのイメージが定着し区別されるようになった。
以前のダンスホールではPCDJなどは存在せず一台のレコードプレイヤーを使いフロアの音楽を提供していた時代があった。現在でも、伝説のパーティー・The LOFTの主催者・David Mancusoやその信奉者らなどミックスやイコライジングを施さないDJも存在する。
レゲエにおけるディージェイとセレクター[編集]
「レゲエ#ディージェイ・スタイルの確立」および「サウンド・システム」も参照
レゲエにおけるDJの元祖はサー・ロード・コミック、カウント・マチューキ、リトル・スティットらである[2]。元は他のジャンルと同じように選曲しイントロ部でその曲の紹介などを担当していたが、1960年代後半のU・ロイの登場以降はレコーディングに参加しトースティングやラップを披露するようになっていった。現在はレゲエにおける「DJ」と言えば、一般的にはサウンド・システムなどでバージョンやダブに合わせてトースティングする者を指す。他ジャンルにおけるDJと区別するため、「ディージェイ(dee jay)」と表記する場合もある。ディスクジョッキーと呼ばれることはない。他のジャンルにおけるDJにあたる者は、レゲエではセレクター(selector)と呼ばれる。セレクターには独自のスタイルがあり、曲のフック(盛り上がり)部分でレコードを逆回転して止めてしまったり(「Pull up」、「Rewind」、「Come again」と呼ばれる)セレクター自身が発言したりする。
ヒップホップDJ[編集]
1973年にニューヨークブロンクス区でサウンドシステム活動を開始したジャマイカ移民であるクール・ハークがヒップホップDJの普及者として知られる。クール・ハークが発見したブレイクビーツやスクラッチなどの技法が開発され、ヒップホップDJの独自性が高まっていった。
スクラッチ[編集]
レコードを手でこするように前後させ同じ部分を反復再生、リズムを刻むなどのパフォーマンスのこと。1977年にグランドウィザード・セオドアが偶然発見し、親戚のグランドマスター・フラッシュが流行させた。一般認知されているが音楽ジャンルによってスクラッチはたまに行われるか、もしくはまったく行われない。稀にジャズやハウスミュージックにもスクラッチを得意とするDJがいるが、やはり発祥であるヒップホップDJが主にスクラッチ技術を使用する。
ターンテーブリスト[編集]
レコードを使った特殊な奏法(スクラッチ、トリックミックス、ジャグリング、トーンプレイ、ボディトリック。また、それらを総称してターンテーブリズム(英語版)という)を専門的に行うDJをターンテーブリスト(turntablist)あるいはバトルDJと呼ぶ場合がある。クラブフロア等の選曲主体のDJとは異なり、ターンテーブルを楽器のように扱うことに長けたDJ。また、これらの奏法は主に最小限の構成(アナログターンテーブル2台・ミキサー1台)で行えることが前提である。
ターンテーブリストの技術が高度化するに従い、それを競う大会が開催されるようになった。国際的ターンテーブリスト大会であるDMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPではdj KENTARO(2002年、シングル部門)、DJ AKAKABE(2004年、バトル部門)、DJ CO-MA(2006年、バトル部門)、DJ 威蔵(DJ IZOH)(2012年、シングル部門)などの日本人が優勝している。
ロックバンドにおけるDJ[編集]
ロックバンドの中にはメンバーにDJを編成しているバンドが存在している。バンドにおけるDJの役割はターンテーブルによる音源再生の他、スクラッチやジャグリングなどを用いてパーカッションのような役割も担当する。サンプラーやドラムマシンなどの操作を兼任しているDJも多い。 DJを擁するロックバンドの例はインキュバス、リンキン・パーク、スリップノット、Dragon Ash、MAN WITH A MISSION、SEKAI NO OWARIなどが挙げられる。

※内容に関してWikipediaより抜粋している内容がありますので一部間違い等あるかもしれませんのでご了承下さい。

■Guiter

■Bass

■Acoustic Guitar


■Amp


■Piano


■ElectricPiano


■Brassinstruments


■Woodwindinstrument


■Dj


■Effecter


■Percussion


■MTR


■Cymbal

ギブソン買取岡山


■Gibson

ギブソン買取岡山


■Fender

ギブソン買取岡山


■ESP

ギブソン買取岡山


■MARSHALL

ギブソン買取岡山


■Roland

ギブソン買取岡山


■YAMAHA

ギブソン買取岡山


■Pearl

ギブソン買取岡山


■MUSICMAN

A

B