岡山、倉敷、神戸で岩屋堂箪笥の買取の事ならお任せ下さい。

岡山のリサイクルショップロゴ

岡山、倉敷、神戸で岩屋堂箪笥の買取ならリサイクルショップ「ライフとキミドリ★」へお任せ下さい。かんたん査定、出張買取対応致します。お気軽にご相談下さい。

カリモク,karimokuのロゴ画像

岩谷堂箪笥の起源は平泉が栄えていた頃の康和年間(1100年代)、藤原清衡が産業奨励に力を注いだ時代にさかのぼると伝えられております。もっとも当時は現在のような箪笥ではなく、長持のような大型の箱のようなものだったと考えられています。
その後、天明時代(1780年代)に岩谷堂城主・岩城村将が米だけにたよる経済から脱皮しようと、家臣の三品茂左右衛門に、箪笥の製作、塗装の研究、車付きの箪笥を作らせ、喜兵衛、大吉の二人が鍛冶職となり、さらに文政年間(1820年代前後)には、徳兵衛という鍛冶職人が彫金金具を考案しました。これが原型となり、岩谷堂箪笥の技術が現代に引き継がれているのです。
明治になると箪笥もようやく一般家庭に広まってきました。それとともに岩谷堂箪笥の需要も増大しました。漆塗と飾り金具の美しい岩谷堂箪笥は大評判となり、北上川の下川原港から下って宮城県県北の登米地方に、されに東北各地に岩谷堂箪笥が出荷されていきました。
昭和30年代には、一時期岩谷堂箪笥生産は低迷しました。しかし時代に流されることなく、伝統の技術を守っていくことこそが発展の道と確信し、苦しい時代を乗り切りました。40年代初めに東京のデパートでの展示会を契機として、首都圏を中心とする都市生活者の需要を開拓しました。そして再び伝統家具のよさが見直され始め、42年に三品栄氏が中心となり岩谷堂タンス生産組合が組織され、江刺市の業者(現在4社)が結束して生産を続け、51年4月には盛岡市の業者(現在1社)も参加し、岩谷堂箪笥生産協同組合を結成しました。 さらに、57年には厳しい審査をうけて伝統的工芸品の指定を受けることができました。
伝統を生かしながら、現代の生活にマッチした岩谷堂箪笥。産地問屋である岩手県産株式会社から全国各地に出荷し、永い伝統に培われた民芸家具として高い評価を受けております。最近ではマンション住まいの多くの方にもご用命いただいております。
岩谷堂箪笥に使われる木材は主に欅(けやき)と桐(きり)です。岩谷堂箪笥の重厚な表層はその美しい木目の欅の突板(天然木化粧合板)で形づくられています。ひき出し内部には桐が使われ、狂いの少ない桐の材質が大切な衣類を永く守り続けます。
漆塗りには拭き漆塗りと木地呂塗りがあり、拭き漆方法は、塗っては拭き、塗っては磨くという工程を何回も繰り返します。箪笥の外側に漆を塗ることにより木目の美しさが映え、外観が美しくなることはもちろん、時を経るにつれて透明感が増し、独特の風合いがかもしだされるのも漆塗りならではの味といえます。
岩谷堂箪笥の大きな特徴の1つは金具にあります。この金具には下絵を描いた鉄板あるいは銅板に金槌と鏨(たがね)を使って絵模様を打ち出してつくる手打金具のものと、手打金具をもとにつくった鋳型に鉄を流し込んでつくる南部鉄器金具(鋳物金具)のものと2種類あります。
木地づくりは箪笥づくりの「生命」ともいわれ、いまだに一人の職人が一貫した手づくり作業で、あの頑強な岩谷堂箪笥を作り上げていきます。
そこへ丁寧に漆が塗り重ねられ、木目の美しさが強調されます。なめらかな木地の上に金具がはめこまれると、この時から一つの機能美が匠の手を離れ、使い手を待つのです。

※詳細に関してwikipediaの記事を抜粋しています。間違い、訂正がある可能性がありますのでご了承ください。

主要買取対応商品名一覧

ソファー|テーブル|サイドボード|食器棚|レンジボード|1p 2p 3p ソファ|カウチソファ|本棚|椅子|リクライニングソファー|マッサージチェア|下駄箱|チェスト|キャビネット|ベビー家具|革張りソファー|パーソナルチェアー|リクライニングチェアー|リビング家具|リビングテーブル|ガラステーブル|サイドテーブル|キッチン家具|ダイニングセット|ダイニングチェアー|民芸家具|アンディーク家具|デザイナーズ家具|書斎机|カーペット|ラグマット|ラグカーペット|ギャベ|段通|ペルシャジュータン|カフェテーブル|ミュージックキャビネット| センターテーブル | ブックシェルフ|などなど 国内家具メーカー主要取扱一覧

カンディハウス(conde house)松本民芸(Matsumoto)天童木工(tendo)| カリモク(karimoku)カリモク60ドマーニ(domani) | 富士ファニチャー(FUJIFURNITURE)神居民芸 (kamui) | 飛騨ダイネット(HIDADINET)| 浜本工芸 (hamamoto)| 岩谷堂箪笥(IWAYA)柏木工(KASHIWA)日進木工(nissin) 秋田木工(AKITA)| 九州民芸家具 | マルニ(maruni)| 飛騨産業(キツツキマーク)| 北海道民芸 |仙台箪笥(sendai)| たいへい家具(taihei)| 光製作所(HIKARI) | オカムラ(okamura)|イトーキ(ITOKI)| ペニーワイズ(THE PENNY WISE)|シャルドネ(CHARDONNAY) モリシゲ(MORISHIGE)| 日向民芸 | 永田良介商店(NAGATA)|  和骨董家具(JAPAN)| アンティーク家具(ANTIQUE)| 国内その他

インテリアショップ主要取扱一覧

IDC大塚(アイディーシーオオツカ)無印良品(MUJI)フランフランモモナチュラル(momo natural)脇木工| アカセ木工(akase)マスターウォールコスガ(kosuga)イデー(idee)アクタス(actus)モビリア(MOBILIA)ザ・コンランショップ(CONRAN)|hhstyle|ヤマギワ(YAMAGIWA)|カッシーナ(cassina)| ロイズアンティーク(LLOYD’SANTIQUES)ボーコンセプト(BO CONCEPT)ウニコ (unico) | マージナル(MARGINAL) | インテリアショップその他

海外家具メーカー主要取扱一覧

カッシーナ(cassina)アルフレックス(ARFLEX)ドレクセルヘリテイジ(DREXEL HERITAGE) ハーマンミラー(HERMAN MILLER)| イーセンアーレン(ETHAN ALLEN)| デセデ(DESEDE)| B&B ITALIA アイラーセン(EILERSEN)カルテル(kartell)| マッキントッシュ(MACKINTOSH)| フリッツハンセン(FRITZ HANSEN)ザノッタ(ZANOTTA)エコーネス(EKORNES)ノール(knoll)ポラダ(PORADA)PPモブラー(PP MOBLER)ジロフレックス(GIROFLEX)テクタ(TECTA)ナツッジ(NATUZZI)ヴィトラ(VITRA)ドリアデ(DRIADE)カッペリーニ(CAPPELLINI)リーン・ロゼ(LIGNE ROSET)| ポルトロナフラウ(POLTRONAFRAU) | ウィルクハーン(WILKHAHN)| ファセム(FASEM)|トーマスビル(THOMASVILL)| ポリフォルム(POLIFORM)|イノベーター(INNOVATOR)| アルテック(ARTEK)| ヴィットマン(WITTMANN)| ブランズウィック(BRUNSWICK)| lane | ワーリングギロー(WARINGGILLOW)| フレデリッチャ(FREDERICIA)| 海外その他

デザイナーズ主要取扱一覧

アルネヤコブセン(ARNE EMIL JACOBSEN)| ハリーベルトイア(HARRY BERTOIA)| チャールズ&レイ・イームズ(CHARLES & RAYEAMES)| ル・コルビジェ(LE CORBUSIER)| イサム・ノグチ(ISAMU NOGUCHI)| マリオ・ベリーニ(MARIO BELLINI)| エーロ・サーリネン(EERO SAARINEN) | ハンス・J・ウェグナー(HANZ JORGENSEN WEGNER) | ブルーノ・マットソン(BRUNO MATHSSON) | アイリーン・グレイ(EILEEN GRAY) | ジャスパーモリソン(JASPER MORRISON) | ヨーゼフ・ホフマン(JOSEF HOFMANN)| ジェエコロンボ(JOE COLOMBO) | アントニオチッテリオ(ANTONIO CITTERIO) | フィンユール(FINN JUHL)| ジョージナカシマ(GEORGE NAKASHIMA)|ボーエモーエンセン(BOEGE MOGENSEN)| ポールヘニングセン(LOUIS POULSEN) | ヴェルナーパントン(VERNER PANTON) | ジャンブルーヴェ(JEAN PROUVE) | フィリップ・スタルク(PHILIPPE STARCK) | ジオポンティ(GIO PONTI)| ミースファンデルローエ(MIES VAN DERROHE) | ジョージネルソン(GEORGE NELSON) |  デザイナーその他



A

B