事務機器・事務用品買取岡山(岡山市・倉敷市)で事務機を売るなら事務機・事務用品買取ライフ岡山!事務机や書庫、ロッカーなど事務用品なら何でも買取致します。

リサイクルショップ岡山

岡山・倉敷で天童木工の買取ならリサイクルショップライフスタイルギャラリー


ウォールナット、ローズウッド、オーク、サペリ、ホワイトビーチお部屋のインテリアやお客様の個性に合った樹種をお選びいたけるよう天童木工は、厳選した木材を世界中から仕入れています。仕入れた木材は、およそ1~5年間、屋外でじっくり天然乾燥させます。
ー木材を仕入れてから5年も寝かすー
現在のスピード感からすれば、確かに非効率かもしれません。木は自然の中で生まれ、時間をかけゆっくり成長します。天然の木を家具の材料として使えるようにするには木に大きな負荷がかからないように生まれ育った自然と同じリズムでじわりじわりと水分を抜いていくことが大切です。スピードと効率を優先し急激に乾燥させてしまえばその過程で割れや反りが出る可能性が高まり材料として使えない割合が増えてしまいます。だから、ゆっくり、時間をかけ、木を鍛えるのです。かけた時間の分だけ、木は応えてくれます。木との対話から教わった、天童木工のこだわりです。
天童木工は成形合板による家具作りを得意としています。成形合板の最大の特徴は、厚さ1mm程の薄い板(単板)を一枚一枚、木目が交差するように重ね合わせて作られる点です。これにより、強くて軽いという相反する性質を両立しながら繊細で美しい曲面を描く成形が可能になるのです。成形合板にはもう一つ、大事な特徴があります。それは、単板を木材から“カツラ剥き”のように切り出すため木材を無駄なく使える、という点です。単板ゆえに、どんなに複雑な形でも設計の段階から計算し必要な形を無駄なく効率的にカットできます。
その結果、同じ木材から家具の材料として使える割合は無垢材が約40%なのに対し、成形合板は約80%と言われています。また、天童木工は地元山形県が推進するプロジェクト「天童・不思議の森」に参加し、植林や下刈り、間伐など森林の保護育成を行うほか、そこで出た間伐材でベンチを作り、市民のみなさんに提供しています。大切な資源を少しでも無駄にしたくない。木を愛し、自然と共に生きる、天童木工のこだわりです。
英語でPLYWOOD(プライウッド)と呼ばれる成形合板。家具の材料として使われ始めたのは1930年代です。天童木工は、創業から7年後、終戦直後の1947年にこの技術を取り入れ、日本でいち早く実用化させました。木の薄い板(単板)を何枚も接着剤で重ね合わせ製品ごとに異なる型(治具)に挿入し巨大なプレス機で圧力と熱を加えて成形する。単純そうに見えるこの工程ですが全て職人が手作業で行っています。天候に応じて接着剤の配合を変え仕上がったときに積層面が均一になるよう慎重に重ね合わせながら型に挿入し割れやヨレが出ないように絶妙な加減で圧力を加えるなど非常に複雑かつ高度な職人技が要求されからです。この成形合板の技術が、無垢材では表現できない美しく柔らかな曲線のデザインを可能にしているのです。強く、軽く、そして美しい、家具として理想の形に木を導く。成形合板の技術を錬磨し続けてきた、天童木工のこだわりです。

事務機買取岡山
事務機器買取岡山
事務用品買取岡山
事務用品買取岡山